弊社プロデュ−ス本『孫子が指揮する太平洋戦争』(前原清隆・著、文春新書)』5月20日発売

著者は、元陸上自衛官で、現役中は部隊・陸幕・統幕・外務省・米軍等の勤務を経験し、現在は、NPO法人『孫子経営塾』を主宰。 「戦わずして勝つ」という孫子の戦略思想から、真珠湾攻撃、ミッドウエー海戦など、太平洋戦争の主要な8 … 続きを読む

山田順・著『永久円安』(ビジネス社、1500円+税)5月20日発売

本書は、この先、さらに円安が続く。一時的に円高局面が来ることはあっても、もう2度とかつてのような円高はやって来ない。円は、じきに130円、140円、150円になっていくことを、各種データを基にして描いたもの。 アベノミク … 続きを読む

弊社プロデュ−ス本『成功したければマニュアルどおりにやりなさい』(工藤正彦・著、実務教育出版、1512円)3月15日発売

工藤氏は自称“マニュアル屋”だが、これまで中小から大企業、有名企業のマニュアルを1500タイトル以上つくってきたホンモノのマニュアル屋。その知見を1冊に凝集したのが本書。 ビジネスは、基本が9割である。つまり、揺るがぬ基 … 続きを読む

弊社プロデュ−ス本『シャープ液晶敗戦の教訓』(中田行彦、実務教育出版、1620円)1月25日発売

本書の著者・中田氏は、シャープの元液晶技師長で現在立命館アジア太平洋大学(APU)大学院教授。その経験と研究に基づいて書かれたのが本書。 液晶は、いまのITモバイルに書かせない部品で、シャープをはじめとする日本メーカーが … 続きを読む

山田順・著『日本が2度勝っていた「大東亜・太平洋戦争」』(ヒカルランド 1620円)12月25日発売

日本人の歴史認識が一変する歴史読み物。なぜ、日本はあの戦争に勝てなかったのか? 本当は勝つチャンスがあったのではないか?とう観点から戦争を問い直している。すると、見えてくるのが、2度日本に勝機があったこと。ただし、本書は … 続きを読む

山田順・著『「中国の夢」は100年たっても実現しない』(PHP研究所 1620円)9月17日発売!

chainaDreamPHP_eyecatch

 山田順・著『「中国の夢」は100年たっても実現しない』(PHP研究所 1620円)が9月17日発売されました。    →「中国の夢」は100年たっても実現しない(Amazon)   ■著者による内容紹介 &n … 続きを読む

弊社プロデュ−ス本『長生きしたければ医者にかかるな!』(富家孝・著、彩図社、税込1296円)が刊行されました

FukeTakashi

 このたび弊社のプロデュースで、彩図社より、医師兼ジャーナリストの富家孝氏の『長生きしたければ医者にかかるな!ほとんどの病気は自分で治せる』(本体1200円+税:税込1296円)が刊行されました。  日本人ほど、体調に異 … 続きを読む

山田順・著『すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える』(ヒカルランド刊)6月3日発売

山田順・著『すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える』(ヒカルランド刊)が、6月3日に発売されました。 ■著者による内容紹介 現在、私たちが暮らすこの世界は「格差社会」とされ、「99%と1%の差がどんどん広がっている … 続きを読む

山田順・著『なぜ日本人は世界での存在感を失っているのか』(ソフトバンク新書、864円)4月17日発売

なぜ日本人はCover2

  4月17日に、ソフトバンククリエイティブより、山田順の新著『なぜ日本人は世界での存在感を失っているのか』(ソフトバンク新書、864円)が発売されます。   →Amazon.co.jp:なぜ日本人は世界での存 … 続きを読む

山田順・著『税務署が隠したい増税の正体』(文春新書、750円+税)が3月20日に発売されました。

増税の正体Cover2

3月20日に、文藝春秋から『税務署が隠したい増税の正体』(文春新書、750円+税)が発売されました。 →Amazon.co.jp:税務署が隠したい増税の正体 ■著者のコメント この4月から消費税が増税されますが、増税は消 … 続きを読む