弊社プロデュ−ス本『文系人間のための「AI」論』(高橋透・著、小学館新書)2017年3.月30日発売


 人工知能(AI=Artificial Intelligence)に関する本はそれこそ山ほど出版されています。しかし、それらのほとんどは、AIという最先端のテクノロジーを、やさしく解説したものです。つまり、「AIとはなにか?」ということです。

しかし、本書はまったく違う観点からAIを論じています。今後、人間はAIと共存することになる、つまり『攻殻機動隊』のような世界が訪れるので、そのときどうしたらいいのか?という「哲学的」なテーマを論じています。今。私たちに問われているのは、「AIとはなにか?」より、「人間とはなにか?」だからです

人類がAIと共存する時代に求められるのは、こうした哲学です。本書の著者・高橋透氏は早稲田大学文化構想学部の教授で、専門はドイツ哲学。まったくの文系です。その彼が、現在、『攻殻機動隊』や『新世紀エヴァンゲリオン』などをテキストとして使いながら、「テクノロジーの哲学」という講座を持ち、学生たちに「AIとはなにか?」「人間とはなにか?」を教えています。この講座は人気講座となっています。

どうか、ご一読ください。
文系AI論

https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4098253003/hnzk-22

 

その他のNEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>