山田順・著『日本が2度勝っていた「大東亜・太平洋戦争」』(ヒカルランド 1620円)12月25日発売


日本人の歴史認識が一変する歴史読み物。なぜ、日本はあの戦争に勝てなかったのか? 本当は勝つチャンスがあったのではないか?とう観点から戦争を問い直している。すると、見えてくるのが、2度日本に勝機があったこと。ただし、本書は戦争の話だけにとどまらず、日本が過去においてもいまも、完全な独立国家であったことはないこと。また、明治・大正・昭和などという意味のない時代区分で歴史を習うことで、日本人は自国の歴史さえわからなくなっていることなどを論述している。

日本人の誰もが知っておきたい 日本が2度勝っていた「大東亜太平洋戦争」 .

011cover

その他のNEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>