山田順・著『すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える』(ヒカルランド刊)6月3日発売


山田順・著『すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える』(ヒカルランド刊)が、6月3日に発売されました。

■著者による内容紹介

現在、私たちが暮らすこの世界は「格差社会」とされ、「99%と1%の差がどんどん広がっている」と言われています。そこで、99%の人々はがどのように誕生し、どのような考え方で生きているのかを、これまでの取材からまとめてみたのが、この本です。

「お金持ちになるための本」「成功するための本」というのは数多く出ていますが、そういう本とは違って、この本では“お金持ちになる方法”は明確に書いていません。といいいますか書けないのです。なぜなら、そんな法則も、誰でもがなれる方法などないからです。しかも、私はお金持ちではありませんし、ただの庶民だからです。

ただし、現代の富裕層の実態は豊富に盛り込みました。とくに、現代の起業家がどんな考え方で生きているのか?は、あまり紹介されていないので、紙幅を割いています。たとえば、アメリカの富裕層が信奉するアイン・ランドの著作や思想、現代さかんに言われている「慈善資本主義」などについても触れています。

■この本の目次を、以下、紹介します

はじめに  ウオール街リッチの考え方
第1章 長者番付から見えてくる世界
コラム1:頭がよくないと1%にはなれないのか?
第2章 なぜ彼らはお金持ちになったのか?
コラム2:どれだけお金があれば幸せか?
第3章 お金持ちと貧乏人、こんなに違う考え方
コラム3:「上流・中流・下流」と「富裕層」
第4章 お金持ちと貧乏人、こんなに違う生活習慣
コラム4:富裕層の投資ポートフォリオ
第5章 99%が知らない1%の生き方
コラム5:富裕層の海外移住と税金
第6章 1%のためのハイライフカレンダー
コラム6:富裕層が集まる主なイベント
おわりに なぜ1%と99%になったのか?
「1%」008カバー表1

その他のNEWS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>